蝶の詳細

詳細表示です。

ムラサキシジミ    
Japanese Oakblue    シジミチョウ科

2011年11月10日撮影(佐賀市鍋島町蛎久)

【 学 名 】Narathura japonica (Murray,1875)【 大きさ 】
【 時 期 】5月~11月(春・夏・秋)【 発生数 】
【 生息地 】平地から山地でカシ類の多い雑木林
【 内 容 】 翅の裏は茶褐色であるが、表は黒帯に縁取られた美しい紫色の翅をもつシジミチョウである。本州西南部、四国、九州に分布する暖地性の蝶である。
 これらの地域では普通種であるが、北へ行くに従ってまれになる。宮城県仙台市が分布の北限とされている。国外では朝鮮半島南部、台湾に分布する。成虫で越冬した個体が春に産卵する。
 卵からかえった幼虫は、九州では5月上旬から6月上旬にかけて成虫となる。その後、発生を繰り返し、晩秋まで成虫が見られる。蝶は木立内やその付近に多く、畑や草原では見られない。夏には翅をたたんで止まり、なかなか美しい紫色の翅の表を見せてくれない。
 秋が深くなると翅を開いて日光浴をするようになる。
 幼虫はアラカシ、アカガシなどのカシ類を食べる。私とムラサキシジミの出会いは、シジミといえぼ、まだヤマトシジミやルリシジミしか知らなかった、少年のころである。
 高知市の北山に採集に行った時、カシの木々の間にいるムラサキシジミに遭遇して、何ときれいな紫色の蝶がいるものだと感激したことを覚えている。ムラサキシジミとよく似た蝶に、ルーミスシジミ Panchala ganesa loomisi(H. Pryer, 1886)がいる。この蝶は、わが国では関東地方以南の暖地に産するが、ムラサキシジミと違い、その分布は局所的で、佐賀県からは知られていない。

2011年11月10日撮影(佐賀市鍋島町蛎久)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。