蝶の詳細

詳細表示です。

ベニシジミ    
Small Copper    シジミチョウ科

1993年4月27日撮影(佐賀市三瀬村)

【 学 名 】Lycaena phlaeas daimio  (Matsumura,1919)【 大きさ 】
【 時 期 】4月~11月(春・夏・秋)【 発生数 】
【 生息地 】平地から山地の草地
【 内 容 】 シジミ(蜆)とは、本来、淡水に住むシジミガイのことである。蝶のシジミという名は、その大きさから名付けられたものと思う。ベニシジミはヨーロッパ、北アフリカ、アジアの温帯、北米の東部に分布する。
 わが国では北海道から九州まで分布する。都会の家の庭、堤防、農道、山道などの、平地、山地に見られる普通種である。4月から晩秋までその姿が見られる。花に飛来し、朱紅色の美しい羽を半開きにして止まる。
 かなり近付いても逃げず、そのかれんな姿をはっきり見ることができる。春に出現する個体は、朱紅色が鮮やかであるが、夏型は黒色が強くなる。特に、雄では黒一色に近くなった個体が見られることがある。幼虫はギシギシ、スイバなどを食べる。
 ベニシジミよりさらに大型の蝶で、オオベニシジミとでも呼ぶにふさわしい種類が、西ヨーロッパに産する。この蝶は、英国では、ハンチングトン州やケンブリッジ州の湿地帯や沼地にいたが、多くの産地で絶滅した。
 現在、ハンチングトン州の限られた場所で、かろうじて生きのびている状態である。ケンブリッジ滞在中、隣家に住む熱心なアマチュア蛾研究者が、この蝶の生息場所につれて行ってくれると言ったが、私の都合で機会を逃した。今思えぼ実に残念であった。

1975年7月22日撮影(岩手県盛岡市大志田)

2010年4月18日撮影(佐賀市鍋島町蛎久)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。