蝶の詳細

詳細表示です。

クロコノマチョウ    
Dark Evening Brown    タテハチョウ科

1990年11月3日撮影(佐賀市鍋島町蛎久)

【 学 名 】Melanitis phedima oitensis Matsumura,1919【 大きさ 】
【 時 期 】6月~11月(夏・秋)【 発生数 】
【 生息地 】丘陵地から山地の樹林で暗い場所を好む
【 内 容 】 淋しさはいつとも分かぬ山里に 尾花乱れて秋風ぞ吹く  島崎藤村
 
 もう、秋が来たことは、だれの目にも明らかである。華々しかった蝶の世界に翳りが見えるころ、クロコノマチョウが蝶愛好家の注目をひくようになる。
 羽の形は違うが、大きさはアオスジアゲハ程度である。羽の表面の模様は目立たない黒褐色である。羽の裏は茶色から黒褐色で、まるで落ち葉のようである。静岡以南の本州、四国、九州に分布する。
 九州では屋久島まで見られる。国外では台湾、中国本土、西北ヒマラヤに分布し、東南アジアからも知られている。夏型は6、7月から発生、秋型は9 ~ 11月に羽化して越冬する。幼虫の食草はススキ、ジュジュダマなどのイネ科の植物である。
 この蝶は日当たりのよい草原にはいない。日中は森や木立の暗い木陰にいて、夕方に活動する性質がある。
 私のクロコノマチョウとの最初の出会いは、やはり少年の日であった。秋が深まったころ、自宅の裏にあまりにも落ち葉にそっくりの蝶がいたので、驚いたことを覚えている。
 クロコノマチョウに非常によく似た蝶は、ウスイロコノマチョウ Melanitis leda (Linnaeus, 1758)である。特に両種の秋型は混同されやすい。ウスイロコノマチョウは、屋久島以南に住み、国外ではアフリカと東洋熱帯に広く分布する。九州、四国、本州で発見されるウスイロコノマチョウは、土着種ではなく、南方からの迷蝶である。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。