蝶の詳細

詳細表示です。

クロヒカゲ    
Diana Treebrown    タテハチョウ科

2011年9月25日撮影(撮影場所不明)

【 学 名 】Lethe diana (Butler,1866)【 大きさ 】
【 時 期 】5月~10月(春・夏・秋)【 発生数 】
【 生息地 】平地から山地の樹林で暗い場所を好む
【 内 容 】 夕暮れ時にものすごい速さで飛び回る、目立たない黒色の蝶に出会うことがある。これがクロヒカゲである。種名 dianaは、ローマ神話の純潔、月、狩猟の女神から名付けられたものだそうである。
 色彩、斑紋は雌雄で大差はないが、よく見ると雌は翅の幅が広く、地色は雄より薄く、前翅にある斜めの白帯は、雄よりやや明確である。寒冷地のものは、小型のものが多い。
 国外ではサハリン、朝鮮半島、中国、台湾に産し、国内では、本州、四国、九州に分布する。九州では平地、山地に普通に見られる。暖地では、第1化は4月下旬から5月上旬にかけて出現する。その後は、連続的に秋まで3、4回程度発生する。成虫は樹液に集まるが、訪花はしない。ものすごく速く飛ぶが、同じ場所に戻ってくる性質がある。幼虫はメダケ、マダケなどのタケ、ササの類を食べる。幼虫で越冬する。
 本種に似た種類に、ヒカゲチョウ Lethe sicelis (Hewitson, 1862)とクロヒカゲモドキ Lethe marginalis (Moschulsky, 1860)がいる。クロヒガケの雌は、しばしばヒカゲチョウと混同される。ヒカゲチョウもクロヒカゲモドキも九州に産するが、その産地は局部的である。両種とも佐賀県からは知られていない。

佐賀昆虫同好会会員 廣川典範氏所蔵標本 (1984年5月9日撮影 福岡県久留米市吉見岳で採集)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。