蝶の詳細

詳細表示です。

アサギマダラ    
Chestnut Tiger    タテハチョウ科

1995年6月2日撮影(佐賀市三瀬村)

【 学 名 】Parantica sita niphonica (Moore,1883)【 大きさ 】
【 時 期 】5月~11月(春・夏・秋)【 発生数 】
【 生息地 】山地から高山帯
【 内 容 】 山野を歩いて、ゆうゆうと飛ぶアサギマダラに一度出会ったら、その優美な姿が忘れられない。前翅表の地色は黒色で、青白色の紋がある。後翅表の地色は、明るい赤褐色で前翅同様の紋がある。雄には、表裏ともに後翅に暗褐色の性斑があるが、雌には、それがないので雌雄の識別は容易である。季節的変異や国内に於ける地理的変異は知られていない。
 国外では朝鮮半島、台湾、中国南部から西北ヒマラヤにかけて分布する。わが国では北海道から九州に分布するが、北海道や本州北部の寒冷地ではまれである。年数回発生する。九州では5月頃から11月頃まで成虫が見られる。幼虫の食草はカモメヅルなどガガイモ科の植物である。幼虫で越冬する。
 アサギマダラは、ゆっくり飛んでいるので手で捕まえられそうであるが、捕獲に失敗すると、突然、早変わりして空高く舞い上がり、飛び去ってしまう性質がある。1981年5月30日に、種子島で翅にマークして放された雄の個体が、同年7月16日に福島県白河市で捕獲された例や、その他の実験結果から長距離を移動することが実証されている。山道を歩くと、ものすごい数のアサギマダラに遭遇したことがあるが、この蝶は、通常、いつでも見れる蝶でもない。今でもアサギマダラに出会うと、その優美さに新たな感動を受ける。佐賀県から、近似種のタイワンアサギマダラ Parantica swinhoei (Moore, 1883)が迷蝶として1頭だけ報告されている。その後、報告は全
くない。

1992年7月16日採集(佐賀市三瀬村)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。