蝶の詳細

詳細表示です。

キマダラセセリ    
Japanese Dart    セセリチョウ科

1975年7月27日撮影(岩手県岩手山)

【 学 名 】Potanthus flavus (Murray,1875)【 大きさ 】
【 時 期 】6月~9月(夏・秋)【 発生数 】
【 生息地 】平地から山地の草地
【 内 容 】 夏の庭に出てみると、ものすごい速さで飛んでいる虫がおり、しばらくすると眼の前の葉にぴたりと止まる。近づいて、よく見ると黒と黄色の斑模様の小さい蝶であった。こんな経験はないだろうか。この蝶がキマダラセセリである。キマダラセセリのことを、まるでジェット機のような形だと書いている人がいるが、まさに、ぴったりである。
 色彩・斑紋は雌雄同様であるが、雌は雄に比べて、羽が幅広い。春型は、夏型より大型である。国内での地理的変異は知られていない。
 北海道、本州、四国、九州に分布する。トカラ諸島の“中の島”が、わが国における分布の南限、本邦中部以南の暖地では普通種であるが、寒冷地では少ない。国外では朝鮮半島、アムール、中国、ミャンマーに産する。
 寒冷地では年1回の発生であるが、暖地では年2回の発生で、6 ~ 7月に春型が発生し、8月下旬~ 9月に夏型が発生する。幼虫はエノコログサ、ススキなどのイネ科の雑草を食べる。幼虫で越冬する。
北海道、本州、南西諸島などにはキマダラセセリとよく似た種類が数種類いる。
 佐賀県で、一見キマダラセセリに似ている種類は、ヒメキマダラセセリ Ochodes ochraceus (Bremer, 1861)である。この蝶は富士町から脊振山にかけて棲息している山地性の蝶である。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。