蝶の詳細

詳細表示です。

ミスジチョウ    
Sailer    タテハチョウ科

1973年7月8日撮影(岩手県川井村区界)

【 学 名 】Neptis philyra excellens Butler,1878【 大きさ 】
【 時 期 】5月~7月(春・夏)【 発生数 】
【 生息地 】山地の樹林や水際
【 内 容 】 雌雄で色彩・斑紋で大差はなく、雌が雄に比べて大型である。大きさや色彩・斑紋がオオミスジに似ているが、前翅表面の付け根から中央に走る白線が、オオミスジでは上向きに凸凹があるが、本種は、ぞの白線が一直線なので、両種は容易に区別できる。
 日本、朝鮮半島、中国、台湾に分布する東亜の特産種である。わが国では北海道、本州、四国、九州に分布する。国内での地理的変異は知られていない。わが国本土の全土に分布する割には、いずれの地でも個体数は少なく、樹上高く飛び、めったに低く下りてこないので採集は容易ではなく、非常に珍しい種類といえる。
 年1回の発生で、低山地は5月頃から出現する。幼虫はイロハカエデ、タカオカエデなどのカエデ科の植物を食べる。幼虫はカエデの葉に止まって越冬するが、枯れた葉が落ちないように吐糸で、その葉を枝にくくりつけておく性質がある。他の葉が枯れて落葉しても、幼虫が付いている葉は落ちないので、それらの葉を探せば幼虫を容易に発見できる。
 私とミスジチョウの出会いは、1973年7月8日のことであった。盛岡市から山田線に乗って川井村区界に行った。そこで、偶然眼の前に飛んできた蝶を網の中に入れたのが、ミスジチョウであった。その後は、一度もこの蝶に出会っていない。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。