淡水魚詳細

詳細表示です。

ミミズハゼ    ハゼ科    

1994.3.29 半田川(唐津市) 熊本常夫氏捕獲

学名Luciogobius guttatus  大きさ8cm
地方名
生息域下流域、河口・汽水域
内容 名前が示すようにハゼ科の魚であるが、シロウオを除く他のハゼと異なり、背ビレを1つしか持たない。癒合した腹ビレが吸盤状になっているハゼ亜科としての特徴以外の体形や動きは、むしろドジョウに似ている。
 全国の河川の下流から河口までの石のある所に潜み、小動物を捕食する。産卵期は2月から5月ごろまでで、他の多くのハゼと同様に石の下面に2.5mmほどのだ円形の卵を一層に産着する。卵はふ化するまで、やはり雄によって保護される。その頃の雄は頭部の筋肉が左右に張り出すので、雌との区別が容易になる。
 水槽内では、生きたミジンコで飼育したが、「へ」の字に結んだ口で1㎜ほどのミジンコを一粒ずつパクリパクリとやる様子はなかなかユーモラスである。
 より塩分濃度の高い汽水域や潮間帯の転石部には、腹ビレが痕跡化したナガミミズハゼ、胸ビレの最上鰭条が遊離し10cmなるオオミミズハゼ、眼の下にヒゲ状突起を持つヒゲミミズハゼなども見られる。
 また、海の影響のある井戸や洞窟からは、赤みが強く眼が小さく退化したイドミミズハゼやドウクツミミズハゼが住む。この2種については全国でも確認例も少なく生態については不明なことが多い。
 海辺にお住まいで井戸をお持ちの方は、一度井戸の中を覗かれてみてはいかがだろうか。

1994.3.29 半田川(唐津市) (同上)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。