淡水魚詳細

詳細表示です。

スミウキゴリ    ハゼ科    

第1背ビレの後端に黒斑がないことが特徴 1994.3.29 半田川(唐津市) 熊本常夫氏捕獲

学名Gymnogobius petschiliensis  大きさ9cm
地方名
生息域下流域、河口・汽水域
内容 ウキゴリの仲間はハゼ科としては大きな浮き袋を持ち、中層に浮かんでいることが多い。ウキゴリの呼称も「浮くゴリ」からきたものである。頭部は縦扁しており、横から見た顔と上から見た顔はかなり印象が異なっている。
 スミウキゴリ(墨ウキゴリ)は、かつてはウキゴリの汽水型と呼ばれていたもので、同様に中流型と呼ばれていたものはシマウキゴリ(縞ウキゴリ)として別種とされるようになった。現在でもウキゴリと呼ばれるものは、かって淡水型と呼ばれていたものである。このうち、実際に浮いていることの多いのはウキゴリで、成長したスミウキゴリとシマウキゴリは浮き袋もやや小さく、石の下や物陰に潜んでいることの方が多い。
 これら3種は、成魚の形態や婚姻色も異なっているが、仔魚の頃からすでに色素胞等に違いが見られることが報告されている。幼魚期も尾ビレとその基部の模様もかなり異なっている。スミウキゴリは、第1背ビレの後縁に黒色の小斑がないことで他の2種と区別できる。
 県内での生息は少ないようで、個性的な顔つきにもかかわらず地方名も聞かない。
 産卵は春で、10~30cm程度の平らな石の下面に産着される。ふ化した仔魚は、海に流下し、5月頃3cmほどに成長した稚魚が遡上してくる。

スミウキゴリの顔 1994.3.29 半田川(同上)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。