淡水魚詳細

詳細表示です。

タイリクバラタナゴ    コイ科    移入種(要注意外来生物)

婚姻色 1992.6 塩田川水系のクリーク(鹿島市) 坂本兼吾氏捕獲

学名Rhodeus ocellatus ocellatus  大きさ8cm
地方名たばや、でんばや、べんばや、べにばや、せきたんつー
生息域小水路、ため池・クリーク
内容 タイリクバラタナゴは和名が示すとおり、本来は中国大陸と台湾に生息する魚である。太平洋戦争中に食料確保のため、中国からソウギョ等が関東に大量に移入された折に”密入国”したらしい。後日、卵を産みつけられた二枚貝が琵琶湖に移入され、以降、毎年各地で行われるアユやフナの放流に混入してあっという間に全国にバラまかれてしまった。
 また、その美しさから観賞魚として売買され、その一部が自然界に「捨て魚」されたことも急激な分布拡大の要因になっているようだ。
 タイリクバラタナゴはヒゲもなく日本固有亜種のニッポンバラタナゴと非常によく似ている。最大の識別点は、腹ビレ前端に真珠光沢のある白線が見られることである。しかし、雌やニッポンバラタナゴと交雑したものでは見られなかったり、不明瞭であることが多い。そのほかの特徴は、大型でニッポンバラタナゴが成熟するサイズになっても背ビレに幼魚期にみられる黒色斑紋が残っているし、成長すると体長が6cmを超える。また、額の角度が小さいため、その分背中の盛り上がりがきつい。雄の腹部や尾柄の婚姻色がニッポンバラタナゴが朱色に近いレンガ色で腹ビレが黒ずむことが多いのに対し、タイリクバラタナゴの婚姻色は真紅のバラを思わせる紅赤色で、腹ビレは透明である等があげられる。
 県内では、武雄市、鹿島市、有田町等の県西部に多いが、その他の地域にも雑種と思われる個体が点々と生息している。この中で、鹿島市北部の用水路には、明らかなタイリクバラタナゴの特徴を備えたものばかりが多数生息している。

イシガイに産卵しようとするつがい 1994.5.5 塩田川水系のクリーク(鹿島市)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。