淡水魚詳細

詳細表示です。

カワムツ    コイ科    

婚姻色 1992.10.27 田手川(神埼市神埼町)

学名Candidia temminckii  大きさ15cm
地方名あかはや、さんじ、しらはや、はや、やまそう、やまぶき、やまばえ
生息域上流域の下部~中流域
内容 県内では、フナより体高の低い淡水魚をおしなべて「はや」、または「○○ばや」と総称することが多い。その中でも個体数が多い本種はオイカワとともに「はや」と呼ばれることの多い魚である。側面のシルエットは似ているが、体幅もオイカワより厚く、体側に沿った暗色条、雄の婚姻色等によって明確に区別できる。実際、ほとんどの地方名はオイカワと混称しているが、その実体はある川ではカワムツを「やまぶき」と呼びオイカワを「あかはや」と呼んでいるが、別の川では逆にカワムツを「あかはや」、オイカワを「やまぶき」と呼んでいるといった具合で、両種を同一種扱いしていることはほとんどない。
 また、「はや」、「しらはや」はオイカワとカワムツの雌または婚姻色の現れていない雄を示し、その他は婚姻色の出た雄を示す地方名である。生活域からきた「やまばえ」だけはカワムツのみを指していることが多いようである。
 つまり、オイカワが開けた平瀬を同じような大きさの個体が集まって遊泳する事が多いのに対し、カワムツは岸辺の植物が繁茂したやや流れの遅い淀みに大小入り乱れてじっとしていることが多い。カワムツが好むような環境は人の手の入っていない山辺に多いのである。
 両者の生活様式の違いは近年の河川改修によって明暗を分けた。つまり、川幅を広げ淵を埋め、かつ岸辺の植物を刈り払うことで本種は生活の場を失い、かわってオイカワが増加した。両者の生息数の比はその河川の自然度を計る尺度としても有効なほどである。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。