淡水魚詳細

詳細表示です。

ニゴイ    コイ科    

若魚の体側には黒色斑が見られる 1994.8 嘉瀬川(佐賀市久保田町) 古川国夫氏捕獲

学名Hemibarbus barbus  大きさ50cm
地方名さくらばや、いだ
生息域上流域下部~河口・汽水域
内容 和名は「似鯉」の意味だが、実物を見てコイと間違える人はいないほど実際は似ていない。敢えていえばヒゲがあることと、成魚のうろこの感じが似ているという程度である。それよりもむしろ大阪の地方名の「キツネゴイ」の方がよっぽど雰囲気はある。
 県内ではウグイと区別をせず「さくらばや」「いだ」と呼ばれることが多い。
 全長20cmくらいまでの幼魚は体側に10個前後の点列があり、ズナガニゴイと間違われることがある。こちらは別名ウキガモともいい、「浮くカマツカ」の意味で、背ビレや尾ビレにも黒色斑があることで区別できる。ちなみにズナガニゴイは九州には分布しないことになっているが、他の放流魚に混じって、遠からず侵入してくるのかも知れない。
 ニゴイの産卵はウグイと同じ頃に同じ様な場所で行われる。また、コイ科の魚にしては耐塩性がやや強く、富栄養化や汚濁にも強いため、環境が悪化するとウグイに代わって増加するという。特にシルトの堆積が進むと、付着藻類が減少しそれを餌とする多くの魚が減少するのに対して、ニゴイだけは増加する。
 県内では、以前はほとんど見かけることはなかったというが、上流部の山の荒廃や堰による流速の低下のためか、筑後川水系の下流域や嘉瀬川でも急激に増加しっつある。
 小骨が多いが肉質はよく、てんぷらや唐揚げなどにする。あらいにすると思いのほか美味という。ただし、傷みは早いらしい。

1991.10.27 嘉瀬川(佐賀市久保田町)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。