淡水魚詳細

詳細表示です。

ヤマトシマドジョウ    ドジョウ科    絶滅危惧Ⅱ類

雄 1991.9.6 馬場川(神埼市神埼町)

学名Cobitis matsubarae  大きさ10cm
地方名しまどじょう、すなくいどじょう
生息域中流域
内容 別名タイリクシマドジョウともいう。九州と山口県の一部に分布する。県内では流れのある河川で、底質が砂礫であれば、どこにでも生息する。
 砂の中の小動物等を口から吸い込み、えら穴から砂粒を吹き出しながら前進して餌を取る。同じような食性を持つカマツカほどではないが、驚くと砂の中に潜る。
 ヒゲは6本で、体側および背中の黒褐色の点列は、別種と思えるほど変異が大きい。また、眼の下には、直立できる小さな硬い棘があるが、別に毒があるわけではない。雌雄の区別はドジョウと同様である。胸ビレの形や骨質盤の有無のほか、大きさではやはり雌が大型になる。
 シマドジョウ類は、分類がやや難しい。県内に生息するシマドジョウ類はヤマトシマドジョウと考えてほぼ間違いないが、よく似た本州に分布するシマドジョウと区別するためには、雄の胸ビレの付け根の骨質盤の形を見る必要がある。ヤマトシマドジョウの骨質盤は単純な円形であるが、シマドジョウでは、くちばし状になっている。骨質盤を持たない幼魚や雌では区別は難しい。また、体側の模様が点列でなく、縦条になっていればスジシマドジョウなどの可能性がある。
 さらに細かい話になるがヤマトシマドジョウの染色体数は94本であるが、有明海に流入する河川に生息するものは染色体が86本である。染色体数の異なる生物同士は子孫を作ることができないため、別種ということになる。そのうち佐賀平野側のものは「アリアケシマドジョウ」とでも呼ばれることになるのだろうか?

1994.8.1 六角川(武雄市)

胸ビレ基部の骨質板は雄のみにみられる 1998.8.16 牛津川(多久市)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。