淡水魚詳細

詳細表示です。

マアナゴ(レプトセファルス幼生)    アナゴ科    

レプトセファルス幼生 1994.3.29 半田川(唐津市) 熊本常夫氏捕獲

学名Conger myriaster  大きさ12.5cm
地方名あなご、どくら
生息域河口・汽水域
内容 「変態」という用語は、成長に伴って形態が変化することを意味する用語で、イモムシが蛹(さなぎ)を経てチョウになったり、オタマジャクシがカエルになったりすることを示す。魚にも変態するものがある。ヤツメウナギ科の魚は、アンモシーテス幼生から変態して成体(親)になるし、アナゴ科やウミヘビ科を含むウナギ目の魚も変態する例である。
 これら魚の幼生は透明で偏平な柳の葉の様な形をしており、レプトセファルスと総称される。「薄い頭」を意味するこの名称は、これらの幼生が新種と思われていた頃、新属の呼称として設定されたものであった。その後、これらがウナギやアナゴ類の幼生であることが判明して以降は、属名としての価値は失われているが、現在では単に柳葉型の幼生を示す名称として使われている。
 一口にレプトセファルス幼生と呼んでも、親の種類数だけ幼生の種類があるわけで、それが何の幼生なのかは体形や筋節数、微少な色素胞の有無などで区別される。
 ウナギのレプトセファルス幼生もマアナゴの幼生とよく似るが、こちらは約6cmでシラスウナギに変態してしまう。逆に、マアナゴの8.5cm以下の幼生は、まだ発見されていない。
 いずれにせよ「鮨ネタ」のアナゴや「蒲焼き」になるあのウナギも子供の頃はこのような姿だったとは、にわかには信じられない体形である。

レプトセファルス幼生 1994.3.29(同上)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。