淡水魚詳細

詳細表示です。

カダヤシ    カダヤシ科    移入種

雌 1994.8 本庄江水系のクリーク(佐賀市)

学名Gambsia affinis  大きさ5cm
地方名たっぷみのー
生息域下流域、汽水域、クリーク・ため池
内容 佐賀市蓮池町のとある堀で投網を打ったら見慣れない小魚が2種類かかった。後にエツとブルーギルの幼魚であることが分かったが、まだ何かいないかと思って浅瀬を見ると、メダカのような小魚が。しかし、メダカ特有の背中の金色の線がみられず、全体が妙に黒い。手網ですくってみるとカダヤシであった。
 地方名の「たっぷみのー」は英名(英語での呼称)のタップミンノウからきたものである。また、「ぼうふら(蚊の幼虫)」を好んで捕食することからモスキートフィッシュという英名もある。ただし、いずれの英名もほかの魚にも用いられるので注意を要する。
 県内へは昭和40年代にボウフラ退治のためグッピーとともに放流されており、その子孫が各所で定着している。
 雄は雌よりも小さく、3cmほどにしかならない。卵胎生で雌は卵ではなく仔魚を産む。つまり、ほかのほとんどの魚とは異なり、体内受精を行うのである。そのために、雄の尻ビレは細長い交尾器に分化している。小さな雄が雌の死角の下面後方から、交尾器を前方に突き立てて忍び寄る姿はなんとも情けない感じがする。
 原産地は北米大陸の南東部で、日本には台湾経由で移植されている。移植の目的は文字通り「蚊絶やし」である。しかし、現実にはメダカの生息域や食性と完全に重複し、より大型になること、卵胎生のため卵が捕食されることがない等の理由で、全国で目下「メダカ絶やし」の真っ最中である。
 佐賀平野でも、水通しの悪い南部のクリークは既にカダヤシがメダカに置き換わっており、メダカはやや水通しのある北部に追いやられてしまっている。また佐賀市近郊では、多布施川の流量が少ない年にはカダヤシの分布域がより北側まで拡大しているのが観察できる。

雄 1990.8.4 佐賀江川水系のクリーク(佐賀市)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。