淡水魚詳細

詳細表示です。

ヒイラギ    ヒイラギ科    

1992.7.26 松浦川(唐津市)

学名Nuchequula nuchalis  大きさ11cm
地方名しいかぶら、しいら、しぬふた、しびら、ちょん、ちょんごろ、とんば、ひいらぎ
生息域河口・汽水域
内容 和名は、背ビレと尻ビレの棘が非常に固く、まるで樹木のヒイラギの葉のようであるところから付けられた名前である。また、地方によっては「ネコナカセ」とか「ネコゴロシ」などと呼ぶところもある。
 河川で見られる魚の中では最も銀色の美しい魚で、まるでクロームメッキをほどこしたように輝く。
 口は普通に見えるが、目の前方の膨らみの中に、スライドする漏斗型の吻が格納されており、採餌時には漏斗型の口を前方下向きに突出させて、水を吹きかけ餌を掘り出して捕食する。そのときの顔は、「ひょっとこ」を思わせる。
 発光する魚といえばチョウチンアンコウのような深海魚のイメージがあるが、内湾性の強いヒイラギも発光する魚である。何のために光るのか、どうやって光るのかは、寡聞にして知らない。
 外洋にはほとんど出ず、河川水の影響の強い内湾に群れて生活するが、潮の満ち引きにのって汽水域の上限付近までボラ類に混じって河川にも侵入する。しかし、完全な真水では生活できないようで、純淡水域には入らない。
 「餌取り」として釣り人に嫌われる魚で、硬い棘のためかあまり食用にもされないが、吸物や酢づけにしたりして骨を柔らかくすれば食べられる。

1994.8.11 松浦川(唐津市)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。