淡水魚詳細

詳細表示です。

ゲンゴロウブナ    コイ科    国内移入種

1992.9.12 田手川(神埼市神埼町)

学名Carassius cuvieri  大きさ62cm
地方名ふな、へらぶな、げんごろうぶな
生息域下流域~河口・汽水域、ため池、クリーク
内容 もともとは琵琶湖にのみ生息する日本固有種である。しかし、以前は成長が早いことから食用として、近年では釣りの対象として各地に移植され、全国に広まっている。
 県内では昭和8年より、琵琶湖から取り寄せたものを増殖して放流された。
その過程で、本家のものより「優しい面構え」に変異し「栄鮒(さかえぶな)」の名を頂戴している。
 他のフナが雑食性でミミズを餌として釣るのに対し、ゲンゴロウブナはプランクトンフィーダーであり、芋や麩等で釣る。体もプランクトン食に適した形に特化している。例えば他のフナが水底をあさるために口が下向きに突出するのに対し、プランクトンを捕食する本種は前方にまっすぐ突き出す。消化管も2倍ほど長い。
 また、えらの前半分の白色の部分は水から餌をこし取る機能を持ち、鰓耙(さいは)と呼ばれる。この鰓耙は他のフナが50本前後なのに対して、プランクトン専食するゲンゴロウブナは110本ほどである。見分けがつかない場合は、この鰓耙の数を数えればよいのだが、厄介なことに野生化したゲンゴロウブナには鰓耙数が90本程度しかないものがいる。在来のフナとのあいのこということで、釣り人はこれを「はんべら」「あいべら」等と呼んでいるようである。
 プランクトン食性で成長が速いことから、富栄養湖の多いフィリピンへ移植され、地元の漁師から有り難がられ、当時の大統領夫人の名前を頂き「イメルダフィッシュ」の名を頂戴したそうである。
 全国各地に移植され広く人為分布するようになったゲンゴロウブナではあるが、本来の分布域である琵琶湖・淀川水系では、ブラックバスなどの捕食のためか数を減らし、環境省の第4次レッドリストでは絶滅危惧ⅠB類に指定されている。

ゲンゴロウブナの顔 1992.9.12 (同上)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。