淡水魚詳細

詳細表示です。

シマヨシノボリ    ハゼ科    

雄の婚姻色 1992.8.14 有浦川(玄海町)

学名Rhinogobius nagoyae  大きさ7cm
地方名いしびっちゃ、いしもち、いしもちゃ、いせもっちょ、いっしんちょく、ぐりーん、ぐりーんしょ、さなぶり、さなぼり、すいつぎどんこ、びっちゃん、やまんかんじょ
生息域中~下流域
内容 少しばかり前の図鑑には、ヨシノボリ属の魚は、ゴクラクハゼ、ヨシノボリ、カワヨシノボリの3種が記されていることが多いが、近年それまで多少模様が違うだけで、単一種と思われていたヨシノボリは2013年段階で15種に分けられることになった。しかし、このように細かく分類してもまだ、皆が納得するような分類になっていない。シマヨシノボリは、従来のヨシノボリの横斑型に相当する。
 シマヨシノボリは、頬に赤色~褐色のミミズ状の縞模様が見られることが最も簡単な区別法である。そのほかの特徴は、胸ビレ基部に2~3個の細い頬の縞と同色の三日月型の斑紋があり、背ビレ、尻ビレ、尾ビレに数条の点列が見られることなどである。これらの特徴は成熟した雄で顕著である。雌はやや小ぶりで、普段は区別がつきにくいが、産卵期には他のヨシノボリ類とは異なり婚姻色を呈する。インクをこぼしたように鮮明なブルーに染まった腹部を雄に見せつけつけるようにして積極的に求愛するという。
 北海道を除く全国の流れのあまり速くない平瀬に生息する。県内でもほぼ全域に分布するが、玄界灘に面する河川と有明海側では南部の流程が短く下流域の発達しない河川には多い。
 なお、本種はヨシノボリ類の中でも最も神経質で捕獲が難しいとされるようだが、県内では特にそのような印象はない。

雌の婚姻色 シマヨシノボリは雌も婚姻色を発現する 1994.8.13 厳木川(唐津市厳木町)


「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。