野草の詳細

詳細表示です。


オニウシノケグサ    イネ科

1989.6.5 小城市小城町

【 花期 】5月~8月【 花の色 】白系
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地【 産地 】各地
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】5、6月は国道、県道を問わず両側の土端面はイネ科植物で占められる。その中で最近急激に増えてきたのがこの草である。これらはもともと牧草として輸入されたのが大部分であり、その生命力に驚く外ない。オオアワガエリ(チモシー)、ホソムギ(ペレニアルライグラス)、ネズミムギ(イタリアンライグラス)、オニウシノケグサ(トールフェスク)、ヒロハノウシノケグサ(メドウフェスク)と畜産農家にとっては和名よりも英名が通りやすいものばかりだ。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。