野草の詳細

詳細表示です。


オニノゲシ    キク科

1986.10.19 小城市小城町

【 花期 】3月~11月【 花の色 】黄系
【 花弁 】【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地【 産地 】各地
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】ノゲシに比してはるかに豪壮でオニノゲシとはよくぞ名付けたものと思う。葉縁刺状になっていて触ると痛い。これではウサギもいやがるのではないか知らん。欧州原産で、日本には明治時代に渡来したという。しかし、本県では戦後になって見かけるようになり、特に近年になって増えだした。しかし、ノゲシほど1カ所にたくさん生えることはないようである。こういう植生の変化に伴ってノゲシとの雑種も見かけるようになった。結構植物の世界も動いているようだ。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。