野草の詳細

詳細表示です。


イチビ    アオイ科

1989.7.30 唐津市北波多村

【 花期 】7月~8月【 花の色 】黄系
【 花弁 】5枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地【 産地 】各地散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】時々、畑の中に大きな葉をつけた背の高い雑草ともつかぬものが1~2本生えているのを見ることがある。雑草ならこんなに大きくなる前に取り除くはずなのにと思って見ると手抜き畑のようではある。イチビは印度原産で、占い時代に中国経由で導入された栽培植物である。茎の皮をはいで麻のように布または縄をつくり、殼は燃料にした。今では利用されることはないが栽培作物として畑から離れられないまま、かろうじて命脈を保っている。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。