野草の詳細

詳細表示です。


エイザンスミレ    スミレ科

1984.4.14 多良岳

【 花期 】4月【 花の色 】赤系
【 花弁 】6枚以上(複数枚)【 植物の姿 】地面をはう(ロゼットを含む)
【 生育環境 】【 産地 】脊振岳、経ヶ岳、多良岳等に散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】スミレの種類は多い。花の形状はよく似ているので区別がむつかしいが、エイザンスミレは葉に特徴があって小さく裂けるので区別できる。さらに花が比較的大きい。芳香もある。しかしこれは身を寄せないとかげないだろう。高い山の落葉樹が多く、日が射し込むようなところ、まだ下草もまばらななかにエイザンスミレの花を見ると、汗をかいているので、一休みして花を見ようじゃないかということになる。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。