野草の詳細

詳細表示です。


アオミズ    イラクサ科

1988.9.16 伊万里市

【 花期 】8月~9月【 花の色 】白系
【 花弁 】4枚【 植物の姿 】地面をはう(ロゼットを含む)
【 生育環境 】【 産地 】各地散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】イラクサ科のなかには、山菜として賞味されるものが多い。ウワバミソウはその代表であろう。アオミズもまた珍重されるらしい。本県には、これらを食する習慣はないので、私なりに試食してみた。アオミズは群生するので材料はいくらでも手に入る。名前のとおり、青々とした葉とみずみずしい茎からなっている。特別感心する味ではなかったが、夏に試食したせいとも思えた。ところが、ものの本には葉をはずし茎の皮をむいてゆでるとある。手をかけた料理はおいしいさ。再度試食する機会をねらっている。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。