野草の詳細

詳細表示です。


アマチャヅル    ウリ科

1983.10.26 江北町

【 花期 】7月~8月【 花の色 】黄系
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】つるになる
【 生育環境 】【 産地 】各地散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】この植物が太平の夢を破られてまだ10年にならない。民間では、甘茶の代用にすると書いた本もあるが、牧野植物図鑑には、葉には甘味あれどもあえて利用することなし、とある。それが、薬効成分の含有が確認されたことから一躍脚光をあびた。ブームというのはすごいものだ。スギ林の下や山川ベリに目立たなく生えていた草が、またたくまに消えていったのだから。必要とあらば、まぎらわしいヤブガラシとの区別点などへっちゃらだ。民間薬ブームの先べんをつけた草であるが今ではもう落ち着いたようである。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。