野草の詳細

詳細表示です。


オガルカヤ    イネ科

1990.3 小城市小城町

【 花期 】10月【 花の色 】
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地【 産地 】各地
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】イネ科の草原も、秋が深まると緑色を失い枯草色に染まる。オガルガヤは他のイネ科植物と混生している。ただ、大草原には不向きなようで、草原の縁とか山道端など、人の目にふれやすいところにみられる。オガルガヤは、緑色よりも枯草色の特異な花序が秋の風趣をかきたててくれるように思う。カルカヤ(刈萱)というけれど、屋根ふき用には役立ちそうにはない。どこかで呼び名を間違えたのか。メガルガヤはオガルガヤに対比するもの。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。