野草の詳細

詳細表示です。


イワニガナ(ジシバリ)    キク科

1989.5.7 鹿島市

【 花期 】3月~10月【 花の色 】黄系
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】地面をはう(ロゼットを含む)
【 生育環境 】【 産地 】各地
【 方言 】ジシバリ
【 類似種 】
【 内容 】田んぼのあぜや道端にあって、茎が地にはい、葉も小さくて低いのでふだんは気にもかけないとはいえども、この植物をみると何かひっかかるのである。庭の草むしりをする時、この植物があるといやな気がしてしまう。むしろうとすると茎がすぐに切れる。全部取り除くのは大変なので中途半端のままにしておくとすぐに元通りになってしまう。さりとてグラウンド・カバーにしようという気にもならない。一見弱そうに見せるのが、実はこの草の保身術なのであろうか。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。