野草の詳細

詳細表示です。


ウマノアシガタ    キンポウゲ科

1989.4.22 多久市

【 花期 】5月~6月【 花の色 】黄系
【 花弁 】5枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地【 産地 】各地
【 方言 】ウマゼー
【 類似種 】
【 内容 】ペンキでも塗ったような光沢のある黄色花が路傍に咲き誇っているのをみると、春の盛りだなと思う。それにしても早春の花は淡い黄色のものが多いようだがこの単色のけばけばしさはどうだろう。チューリップ園を連想してしまう。ある牧場で、この植物だけが生い茂り、風に花がなびいているのを見た。家畜が本能的に有毒植物と知って食べ残したためである。もし、他の牧草と一緒に刈り取って家畜の餌にすると大変なので、ここでは害草になる。八重咲きをキンポウゲと称する。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。