野草の詳細

詳細表示です。


オニユリ    ユリ科

2015.8.1 嬉野市大野原 佐賀植物友の会提供

【 花期 】7月【 花の色 】
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】各地散在
【 方言 】ヤマユリ、ユリ
【 類似種 】
【 内容 】畑の隅など人里近いところに多い。これに対しコオニユリは山手に分布する。姿は両者よく似ているがオニユリは葉腋にむかごが作られるのに対しコオニユリはそれがない。花はより優美である。本県にはその他、より小型のノヒメユリがあるが最近はほとんどみかけなくなった。花色はいずれも赤黄色。歩く姿はユリの花、とは美人の形容であるが、これは白色やピンクの花をつける他のユリの種類をみてのことではないかと勝手に想像している。オニユリも大変美しいけれど。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。