野草の詳細

詳細表示です。


ウバユリ    ユリ科

1989.7.11 唐津市鎮西町

【 花期 】7月【 花の色 】白系
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】各地散在
【 方言 】シデ、ヤマユリ
【 類似種 】
【 内容 】ユリ科といえば単子葉植物。単子葉植物といえばササのような葉と決まっている、と思っていたら、ウバユリの葉は心臓形で網状脈がある。5月ごろの植物探訪会でユリ科の植物と答えると皆さんがけげんな顔をされる。花時にはこの葉も枯れてしまっている場合もある。だから葉(歯)のない老婆にたとえた名前ともいう。地下部には鱗茎があり良質の澱粉が含まれる。これを用いた郷土の銘菓もある。花が咲いたものは鱗茎がからになっているので未開花株を掘りとる。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。