野草の詳細

詳細表示です。


オトギリソウ    オトギリソウ科

1989.7.31 唐津市鎮西町

【 花期 】8月~9月【 花の色 】黄系
【 花弁 】6枚以上(複数枚)【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地・山【 産地 】各地
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】この植物には悲恋物語がからんでいる。かって、ある鷹匠の家では、この植物が鷹の病気に効くことを知って、秘伝としていたが、弟がライバルの鷹匠の娘と恋に落ち、秘伝をもらしてしまったため、兄が弟を成敗したことから弟切草と名付けられたという。オトギリソウの仲間にトモエソウがある。花の形が卍状になるからだが、この花に出合いたくて何年も通っている山がある。ようやく探し出した時は果実になっていた。こうして思いを果たせないでいる植物が結構多い。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。