野草の詳細

詳細表示です。


オカヒジキ    アカザ科

1989.7.13 虹の松原

【 花期 】8月~9月【 花の色 】黄系
【 花弁 】【 植物の姿 】地面をはう(ロゼットを含む)
【 生育環境 】海岸【 産地 】玄海川砂地に散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】陸に生えるヒジキの意。ヒジキは干満線に近いところに生える海藻。オカヒジキは、海浜の砂地に生え、形状がヒジキに似て食用にもなる。一度食べてみようと思い砂浜を探し歩いたけれど、そんなにみつかるものでもない。たまたまみつかっても、葉が刺のように固くなっており、とても歯がたつようなものではなかった。しかし、花とも見えぬ小さな花が種子をつけたのを蒔けば、きわめてよく育つ。これをみるにつけ自然の厳しさを痛感させられる。味はあっさりして歯ざわりがよい。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。