野草の詳細

詳細表示です。


オトコエシ    オミナエシ科

1986.9.6 八幡岳

【 花期 】9月【 花の色 】白系
【 花弁 】6枚以上(複数枚)【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】各地
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】オミナエシに対比する名前。花は似ているが白色。花色の違いだけでなく、オトコエシの根生葉は豪壮で毛がある。一般に白花が賞美られることが多いが、オトコエシの場合は黄花のオミナエシよりも、雅趣に欠けるようである。だからなのか、オミナエシを採っていく人はあっても、オトコエシを採る人はほとんどいない。時に両者の雑種で、花色が淡黄色のオトコオミナエシがある。切花を水にさしておくと醤油の腐ったにおいがする。中国で敗醤と呼ばれるゆえんで、これをうみ出し等に用いる。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。