野草の詳細

詳細表示です。


アキチョウジ    シソ科

1989.10.7 八幡岳

【 花期 】8月~10月【 花の色 】紫系
【 花弁 】~3枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】各地散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】この花をみると、山歩きの疲れが何とはなしに和む気がする。こんな気持ちにさせるのは、植物の持ち味もあるが、この場合は生育環境がより大きく影響しているように思う。何しろ、アキチョウジが生えているところは、木洩れ日がわずかにそそぐ、湿度が高い、体にヒヤッとした感触を与えるところなのだから。アキチョウジは秋に丁字形の花を開く植物の意。花筒が長く、丁字に似ているからだ。香料や薬用にされる熱帯原産のチョウジも同様である。花が咲いた様は5月の鯉のぼりを連想させる。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。