野草の詳細

詳細表示です。


ウメバチソウ    ユキノシタ科

1989.10.5 唐津市厳木町

【 花期 】9月【 花の色 】白系
【 花弁 】5枚【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】高原を中心に各地散在
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】本県には高原をドライブできるようなところはないけれど、よそでドライブ中、白い花がパッと目に入り、後すざりして見直したという入が結構いるのに驚いた。それがウメバチソウだったというのだが、小さな花だから車中から細部がわかるはずはない。瞬間の視覚が人の心に訴えるものを持っていたのだろう。ウメは外来種とされるが、古来日本人に愛好され梅鉢の紋所にも使われるようになった。試みに梅の紋を調べたら50種以上の変化がみられた。しかし、ウメバチソウによると思われる紋は探すことができなかった。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。