野草の詳細

詳細表示です。


イヌタデ    タデ科

1984.10.23 小城市小城町

【 花期 】9月~10月【 花の色 】赤系
【 花弁 】6枚以上(複数枚)【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】平地【 産地 】各地
【 方言 】オナゴタデ
【 類似種 】
【 内容 】稲刈りが終わった後の畦道に、円い莚を敷いたように、紅紫色の花がおおっているのが見られる。イヌタデである。もともと、から根を出して広がるので伏せたようになるのも不思議ではない。ところが、畑地でみるイヌタデは、もっと立っている。花もアカノマンマと呼ばれるように、赤御飯をこぼしたようにはみえない。タデの仲間は似た種類が多い。イヌタデは名前からすると、どこにもあるタデという意味であろう。日本へは、農耕文化の導入にともなって渡来したと考えられている。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。