野草の詳細

詳細表示です。


オキナグサ    キンポウゲ科

1983.4.13 天山

【 花期 】4月~5月【 花の色 】赤系
【 花弁 】6枚以上(複数枚)【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】高地の草原
【 方言 】クロユリ、ヌスビトバナ
【 類似種 】
【 内容 】植物好きの大先輩からオキナグサが滅少していると思わないかと尋ねられ、20歳以上も年上の子供のころとの比較など私にわかりようはなく返答に窮したが、あるいはそうかも知れない。それは生育に適した、ところどころ土がみえるような向陽の草原が少なくなっているからだ。かれんな花からはオキナグサ(自頭翁)の意味は想像できない。しかし、果時に長く伸びた羽毛が風になびいているのを見ればなるほどと思うに違いない。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。