野草の詳細

詳細表示です。


エヒメアヤメ    アヤメ科

1988.4.16 帯隈山

【 花期 】4月【 花の色 】紫系
【 花弁 】6枚以上(複数枚)【 植物の姿 】まっすぐ立つ(斜上を含む)
【 生育環境 】【 産地 】小城町から東脊振村の丘陵地
【 方言 】
【 類似種 】
【 内容 】別名タレユエソウ。10年以上も前、エヒメァヤメをみたという占い話を確かめるためにある地区を広い範囲にわたって調べ回ったことがある。何年も探してやはりまぼろしだったかと思い始めたころ、走っている自動車からがけの上の草原に青紫色が一瞬みえたように感じた。執念がそうさせたのか、その時、間違いなくエヒメアヤメだと直感した。この地区から2年後には本当に姿を消してしまった。他のいくつかの産地も同様で、今では天然記念物指定地以外では見ることができない。私が罪をつくったような気がする。

「佐賀の自然デジタル大百科事典」に掲載しているデータ(文章・写真等)の複製(印刷、ハードコピー等)、転載等は、学校教育に使用される場合等を除き、無許可での複製・転載を禁止します。詳しくは利用案内をご覧ください。